歯科・豊橋市前田南町のさくら歯科クリニックでは、皆様の年齢、性別、性格、全身、口腔内にあった治療法を提案させていただきます

審美歯科

  • HOME »
  • 審美歯科

審美歯科治療の目的は歯の機能回復と審美治療による自信の回復です。人前で歯のコンプレックスから自然に笑うことができず悩んでいる方は是非ご相談ください。

審美歯科には修復治療、セラミック治療、矯正治療、アンチエイジングがあります。

審美歯科

セラミック治療には、詰め物(セラミックインレー)や被せ物(セラミッククラウン)、歯の表面を薄く削り、セラミックの薄片接着する(ラミネートベニア)治療法があります。

ラミネートベニアは前歯の表面を最小限に削除し歯の色の改善や歯の傾斜、捻転の改善をおこなう方法です。

適応としては変色歯、歯の表面の一部破折、歯の形態異常、歯間離開、耗耗歯等があります。

MI(必要最小限の侵襲)審美性とを両立させる方法です。矯正までは考えてない方や回数、時間に制限にある方は 一度ご相談下さい。

審美歯科

機能的に問題がない場合は、より歯を美しく見せるためにホワイトニング、クリーニング、歯肉の(漂泊)メラニン除去をお勧めいたします。

歯の色見本 シェードガイド

審美歯科で最も使用されているシェードガイドを使用しています。
シェードガイドとは歯の色見本のことです。その他、デジタルカメラでデーターを取り治療前後の確認、技工士さんへの情報提供に役立たしています。

金属アレルギーは、口腔内の金属が溶け出して、体のたんぱく質と結合し過剰反応をおこすために起こるといわれています。歯科用金属が原因で湿疹・かぶれ等皮膚疾患でお悩みの方は、非金属のセラミックによる修復はおすすめです。

保険治療で使用される金属性の冠(銀歯)

保険治療で使用される金属性の冠(銀歯)

コンピューターで患者さんの歯に合わせてデザイン

コンピューターで患者さんの歯に合わせてデザインします。

金属を全く使用しないので歯ぐきの境目から金属が透けて見えることはありません。

光の透過性があり、より天然歯に近い仕上がりになります。

オーダーメイドの 歯をつくり上げて行きます

 

セラミッククラウン

金属アレルギーにも安全  セラミッククラウン

セラミッククラウン

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー  切削量が少なく歯に優しいラミネートべニア法

セラミッククラウン 

内面に金属のフレームを使用した従来型のセラミッククラウン

最新型オールセラミッククラウン

内面にジルコニアフレームを使用した最新型オールセラミッククラウン

従来型セラミッククラウン

従来型セラミッククラウンだと光に当てると金属が透けてしまいます

自然で光にあてても中が黒くなりません

芯にグラスファイバー、フレームにオールセラミックを使用、自然で光にあてても中が黒くなりません

さくら歯科で採用しているジルコニアは厚生労働省の認可を受けたジルコニアで(220AKBZX00056000号)ジルコニアの純度が96%以上で加工できる範囲の最高純度のものです。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンの方が審美性に優れより天然歯に近い透明感、 自然感が出せます。強度も問題ありません。

金属を全く使用しないため金属アレルギーや金属イオンが流出して歯ぐきが黒ずむ心配もありません。

金属の3分の1の軽さのため歯肉、歯へのストレスが軽減されます。

ジルコニア表面にプラークが付着しにくく細菌の繁殖を抑制し衛生的です。

インプラントの適応症例でなく審美的に金属のブリッジ、部分入れ歯が嫌な方の場合、下の写真のようなジルコニア使用のブリッジで対応することもできるようになりました。

ジルコニア使用のブリッジ

歯科以外の分野では、ジルコニアはスペースシャトルの断熱保護材、高級外車、F1カーのブレーキ部分など、様々な用途に用いられています。

医療分野では、人工関節の球状骨頭部などに使用されています。

ジルコニアは金属以上の強度を持ちながら軽量でしなやかな粘り、色調の再現性、光透過性に優れ、安全な生体親和性があります。

歯ぐきに対する審美治療(メラニン除去によるアンチエイジング)

笑顔の時に歯の白さとともに歯ぐきの色にも関心が高まっています。

歯ぐきに対する審美治療

 

審美歯科の治療は保険対象外となります。不明な点がございましたら、お気軽にさくら歯科スタッフにご相談下さい。

ご相談はこちらへ TEL:0532-52-8050

PAGETOP