子供による医薬品誤飲事故の防止対策について豊橋保健所長から注意喚起がありました。

医薬品の保管管理

子供の手の届かない、見えないところに保管し、服用後はそのまま放置せずに元の安全な場所に必ず片ずける。

リスクの高い医薬品は細心の注意を

向精神薬、睡眠鎮静剤、抗不安薬、精神系採用剤、血糖降下剤、気管支拡張薬剤、降圧剤は厳重に管理する。

子供の年齢、発達段階で事故の特徴が変化する

誤飲事故が発生した場合、お子様の状態、薬の名称、飲んだ量など確認しただちに専門の相談機関に連絡し必要に応じ医療機関を受診してください。 

小児救急電話相談  

♯8000番をプッシュするとお住まいの都道府県の相談窓口に自動転送されます。 

公益財団法人日本中毒情報センター中毒110番

大阪 072-727-2499(24時間対応)
つくば 029-852-9999(9時から21時対応)