豊橋市は残念ながら歯周病有病率、糖尿病予備軍を含めた割合が愛知県内でも多いと言われております。そこで歯周病と糖尿病の関係について少し書きたいと思います。

歯周病と糖尿病は相互に関係(双方向性)があると言われています。高血糖が続くと免疫機能が低下して歯周病が発症(易感染性)しやすくなり歯周組織を悪化させます。簡単に言うと、歯周病菌から出される内毒素が歯肉の毛細血管内に入り込み、血糖値を下げる働きをもつインスリンをつくりにくくすることがわかっています。その結果、血糖値上昇が起き糖尿病悪化につながります。

糖尿病があるとそうでない人と比較して歯周病の有病率が高く、より重症化していることが多いと言われています。また、血糖のコントロールが悪いと歯周病重症度が高く、進行のリスクも高いと言われています。糖尿病の人が歯周病にかかると歯周病の進行悪化、歯の揺れ、歯の喪失、噛む力が低下し柔らかい物しか食べれなくなり噛む回数も少なく、消化不良、満腹中枢が得られにくくなり、更に糖尿病が悪化する恐れがあります。

2型糖尿病をもつ歯周病患者に歯周治療を行うと、HbA1c、血糖値が改善したという報告があります。