歯科・豊橋市前田南町のさくら歯科クリニックでは、皆様の年齢、性別、性格、全身、口腔内にあった治療法を提案させていただきます

インプラント治療に使われる機器

インプラント治療を安全に患者さんの外科的侵襲軽減のための超音波骨切削装置

超音波骨切削装置

歯科用3次元CT検査で神経や血管、上顎洞に近かったり、骨幅が狭いことによりドリルによる切削リスクが高いと判断される場合に使用。また、抜歯、骨採取、歯周治療、歯内治療、インプラント治療後のメインテナンスなどにも使用します。

患者さんにとってのメリット

創傷治癒が良好です。
外科的侵襲が最小限に抑えられます。

術者のメリット

軟組織を巻き込まないため安全性が高い。
切削深度、切削幅のコントロールしやすい。

インプラントとあごの骨とのくっつき具合を評価する方法

インプラントとあごの骨とのくっつき具合を評価する方法 インプラントとあごの骨とのくっつき具合を評価する方法

インプラントと骨とのくっつき具合を調べる精密機械です。

レントゲンではインプラントと骨がくっついているようでも成熟度が弱い場合があります。せっかくインプラントと顎の骨とがオッセオインテグレーションしかけていても2次オペでねじの力の入れ具合でインプラントと顎の骨との関係を壊さないため科学的根拠にもとずき評価しています。

これによって骨とインプラントの状態が数値で具体的にわかります。2次オペ、かたどりの指標にもなります。また、歯周病の診査にも使えます。

歯科用3次元CT撮影

歯科用3次元CT撮影

歯科用3次元CT撮影2

歯科用3次元CT撮影3

豊橋のさくら歯科クリニックでは歯科用3次元CT診査によりインプラント埋入予定部位の顎の状態の診査、下歯槽管までの距離、上顎洞底の診査等行います。

術中のモニタリング

モニタリングにより全身のリスク管理を監視できます。

術中のモニタリング

インプラント治療にレーザーを応用

歯肉切開、2次オペ時の歯肉形態の修正、オペ時の治癒促進をおこないます。

メインテナンス時の歯肉の管理にも使用します。

インプラント表面性状に影響を与えないレーザーを選択します。

PAGETOP