金属アレルギー

歯科治療で使用されている金属の多くはほぼ無害とされています。しかし、口の中には唾液や食べ物による酸性への変化、温度変化があり、金属の成分が変わりやすく、金属イオンが溶け出しやすい環境にあります。その溶け出した金属イオンが体の中に取り込まれて金属アレルギーが起こる場合があります。

口腔領域に見られる金属アレルギーが疑われる疾患として口腔扁平苔癬、口内炎、舌炎、口唇炎、舌痛症等があります。全身症状として掌蹠膿疱症、全身の湿疹や難治性皮膚炎等があります。アレルギーを起こしやすい金属として、ニッケル、コバルト、クロム、水銀が知られています。

有効な手段として、口の中で使われている金属の分析とパッチテストの分析結果から原因の可能性のある金属を特定し、除去を行います。ただし口の中の金属をなくせば、金属アレルギーがすぐに治るというのは早計で除去後少なくとも1~2年は観察が必要です。アレルギーが疑われる場合は、皮膚科での精査をしてもらい、原因が歯科材料にあるという確証を得てから金属除去をし、セラミックやアレルギーのない他の金属に変えるのが良いでしょう。

 

RIMG0161.jpg    2009100101.jpg

金属イオンが溶け出している状態