妊娠中の歯科治療

歯科治療は妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみ行いましょう。妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参してください。妊娠中の歯の状態のチェックや、妊娠中の健康状態がわかります。

妊娠6週から12週の間のレントゲン撮影は胎児に影響を与えると言われていますが、歯科での小さいレントゲンによる被爆量は1日の自然界からの被ばく量の1/3以下といわれています。レントゲン撮影は防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽してX線撮影を受けましょう。当医院のデジタルレントゲンは従来のレントゲンの被爆量の1/4~1/10程度です。防護エプロンをつければお腹の赤ちゃんへの影響はありません。

お腹の張り具合、個人差にもよりますが治療椅子をあまり倒しすぎないで楽な体位で治療します。歯科麻酔は局部麻酔です。通常量の使用では母子ともに全く影響はありません。リラックスして麻酔の処置を受けましょう。当医院ではなるべく痛みを与えない様に配慮します。

妊娠中に抗生物質、痛み止めの薬が胎児に影響を及ぼすのは妊娠4~10週といわれています。原則として妊娠中に投薬はしませんが、痛みがひどい場合は我慢することが逆にお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えることがあるため、産婦人科の先生と相談した上で投薬することもあります。

次の記事

秋の連休