抗凝固薬服用中の治療

超高齢化社会を迎え、近年、抗凝固薬であるワーファリン等を服用されている患者さんに対し、抜歯や小外科手術を行う機会があります。このような場合、一昔前では主治医に対して対診し、休薬後に観血的処置を行う事が通例でしたが、休薬することにより重篤な血栓リスクが高まるということで、循環器科の専門医から維持量投与下にて小手術を行う事が推奨されるようになっています。PT-INR(プロトロンビン時間国際標準化比)が2.5以下であれば維持料服用下での抜歯は症状に応じた局所止血処置をすれば、休薬した場合と比較して後出血の発症率に差は見られないとの報告があります。