唾液の役割

一日に分泌される唾液の量は1.5~2リットルになります。大唾液線である、耳下腺、顎下腺、舌下腺からと、その他は小唾液線から分泌されています。99%は水ですが、残り1パーセントに非常に大事な能力が秘められています。

唾液の中にある酵素の働きにより食べ物を口の中で拡散し混ぜ合わせ消化に寄与します。また口の中の保湿、円滑剤の役割や味覚を感じやすくします。あと、抗菌作用、殺菌作用、歯の再石灰化作用があります。唾液の分泌が減ると口臭の原因になります。

最近では、がん細胞の発生を抑える酵素が唾液に含まれていることも分かってきました。このように唾液にはとても大事な役割があるのです。年齢とともに唾液の分泌は減少しますが、唾液線をマッサージをしたり、ガムを噛んだりしていい唾液を出すように心掛けるとよいでしょう。