タバコと歯周病

無題6.JPG 

タバコにはニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質が含まれ、喫煙者はがん、心臓病、脳卒中、肺気腫、喘息、歯周病になりやすく進行を早めることが分かっています。喫煙者は非喫煙者に比べ2~8倍歯周病にかかり易くなるという報告があります。これを喫煙関連性歯周炎といいます。

特徴としては、表面上歯ぐきの腫れは少ない、歯ぐきの出血が少ないなど自覚症状が少なく炎症症状が表れにくいため、自分で歯周病の進行に気づきにくいといわれています。

歯肉の血流低下、酸素不足、唾液量の低下による細菌の増殖により喫煙者は歯周病にかかり易くなります。味覚異常、口臭の原因にもなります。

また、喫煙により歯ぐきにメラニン色素の沈着が起こり歯ぐきの黒ずみや、舌がん、歯肉がんの危険率が上がるといわれています。

 

 

 受動喫煙も社会問題になってきています。

妊婦の受動喫煙は早産や乳幼児の突然死の原因にもなります。親が喫煙者の場合受動喫煙により子供の歯肉にメラニンの沈着(歯肉の黒色化)の比率が高くなると報告されています。

俳優の舘ひろしさんも禁煙しましたね?