糖尿病と歯周病

  糖尿病の方は歯周病に罹患している確率が糖尿病のない方に比べ2倍以上あるという報告があります。また、糖尿病の方は歯周病の重症化率が高くなるといわれています。

 歯周病が進行すると歯を失ったり、固いものが食べづらくなり咀嚼が十分できず、食後高血糖状態になり易くなります。また、歯周病は慢性細菌感染症です。歯周病菌が歯ぐきの毛細血管から侵入すると生体防御反応が起こり炎症状態となります。この状態が長く続くとサイトカインの一種のTNF-αがインスリンの活性を阻害して血糖のコントロールを悪化させます。

 糖尿病の方が適切な歯周病治療を受け、口腔内の改善より、血糖値が改善されるという報告があります。 このように歯周病と糖尿病は関係が深いことがわかっています。

前の記事

11月