歯根破折

差し歯の破折予防治療(自分の歯が一番)

 

歯が揺れる、咬むと違和感がある、膿が出る等の主訴で来院される患者さんの中でレントゲン診査をしてみますと歯の根が割れてしまっている事があります。

虫歯、またはその他の原因によって歯の神経をとった場合、歯の補強のために、歯の基礎工事 土台を立てていきます。

IMG_5174.jpg  IMG_5172.jpg

 

一般的には、土台は金属の真棒を立てます。白く映っているのが金属の真棒ですこの金属が、歯を折ってしまう大きな要因になる場合があります。(虫歯の大きさ、残っている歯質の量、噛み合わせのきつさ等の要因もあります。)

歯は固いものを噛んでも割れないように、自己防衛しようと多少しなります。また歯の根っこのまわりには歯根膜というクションをする組織があります。co1.gif

しかし、金属の真棒を立てる事で歯はしなろうとするが歯の中の金属はしなりません。このギャップが高まった時に、ボキッと衝撃に耐えられず折れてしまうのです。歯質が残っていればあまり問題は起こらないのですが、虫歯の大きさなどにより歯質があまりない場合には長期間にわたり強い力が加わり続けて結果折れるという事が起ってしまうのです。もう一つ重要な事に金属は水分により錆びる。(金属イオンが流れる)お口の中は常に唾液、酸、体温により金属が錆びやすいのです。(被せものも同様です)折れてしまった歯はというと、いずれ抜歯の方向に向かいます。その後は、入れ歯かインプラント 両隣の歯を削ってブリッジそのどれに関しても自分の歯に勝るものは残念ながら存在しません。できればそんなことにならない等にリスクを軽減させるためにも名ロべクはに優しい素材を、真棒を金属ではなく歯のシナリを再現してくれるグラスファイバーポストを使用した治療があります。

 

sinbi05.png

 

グラスファイバーは歯と同じ位の硬さと弾力性をもち、これを使用することにより歯が破損する可能性を大幅に軽減することが出来ます。

レジンセメントというセメントで接着するため、歯と強固に接着し、被せが外れるといったトラブルも避けられます。(虫歯の大きさ、残っている歯質の量、咬み合わせのきつさ等の要因もあります。)

 

IMG_5175.jpg  

金属は歯に対して腐食作用があり上の写真の様に歯が黒ずんできやすいのに対して、グラスファイバーはその腐食作用がない為、被せのきわの黒い変色を防ぐことが出来ます。

金属アレルギーの方にもおすすめです。

 

自由診療となりますので当院スタッフにご相談下さい。