歯科・豊橋市前田南町のさくら歯科クリニックでは、皆様の年齢、性別、性格、全身、口腔内にあった治療法を提案させていただきます

診療科目

  • HOME »
  • 診療科目

一般歯科

虫歯、根っこの治療、歯ぐきの治療、かぶせ物、入れ歯など歯科全般にわたる保険診療を行なっております。

小児歯科

虫歯、口腔衛生指導、歯牙脱臼、外傷など、歯科全般にわたる保険診療を行なっております。

子供たち

予防歯科

虫歯、歯周病にならないように未然にを予防します。

予防歯科

専門家による定期的な歯ブラシ指導によりブラッシング技術の向上・習慣化、生活指導、唾液検査、口腔内クリーニング、歯石除去、フッ素とレーザー治療による歯質の強化などがあげられます。

また、当医院では、3DS(Dental Drug Delivery System、デンダル・ドラッグ・デリバリー・システムの略称)という除菌療法を取り入れております。今までは、歯磨きさえしっかりしていればむし歯・歯周病にならないと言われてきた方も多いと思います。

しかし、機械的な除菌だけでは原因菌が除去しきれないことが、予防歯科の分野でわかってきました。そこで機械的除菌と化学的除菌療法を併用すること歯周病、虫歯予防を行います。まった痛みや副作用もなく、十分な効果が得られる安全で新しい方法です。また、位相差顕微鏡により術前、術後の効果をモニター上でチェックします。

レーザー治療

レーザー治療は最先端の治療法の一つです。

歯周治療

一生自分の歯で不安なく食事ができるという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?現実は口の中に何らかの問題を抱えながら毎日を送っている人々が多く、日本人の80歳で残っている歯の本数は8~9本といわれております。歯周病は生活習慣病の一つであり40歳以上の80%が歯周病に罹患し、その年代での歯を失う一番の原因は歯周病です。

歯周治療

そこで当院では、口腔内に今どのような問題が生じているのかを患者様御自身に理解していただくことが重要であると考えています。初診時に撮影した口腔内写真とX線写真を用いてすべての問題点を解りやすく説明し(インフォームドコンセント)、患者様のライフスタイルにあった治療計画を立案して歯の保存に取り組んでいます。

具体的な処置として、専門家による、歯ブラシ指導、生活指導、口腔内クリーニング(初期治療)、薬物療法、レーザー治療、再生療法、歯周外科治療があげられます。

除痛治療

できるだけ痛みなく治療をしていただくための治療法を採用しております。しかし、どうしても治療を無痛にするには麻酔が必要になります。

究極の無痛治療は全身麻酔ですが当医院では局所麻酔、表面麻酔、精神鎮静法で対応させていただきます。電動麻酔機などの様々な機器を臨床に取り入れております。

機器の中には術者サイドで麻酔がし易いものや、効果に個人差がでるものがあります。そのため皆様の個人差や治療内容により麻酔法を変えさせていただきます。また、麻酔液の温度が、体温に近いほど歯肉に麻酔液が入るときの痛みを和らげることができるため、麻酔液の温度にも気を配っております。麻酔をする瞬間のチクッとする痛みを防ぐために麻酔注射をする前に レーザー照射や表面麻酔を工夫して使用しています。

スポーツ歯科

近年のスポーツ技術の向上は目まぐるしく、接触プレイの多いスポーツに関しては、その激しさゆえ外傷・障害が多く発生することもあり、その予防という点でマウスガード装着もその一つです。

ウォーキング

マウスガードの効果

  1. 歯および詰め物の保護
  2. 歯肉、唇などの保護
  3. 顎関節の保護
  4. 下あごの骨折の予防
  5. 脳しんとうの軽減
  6. 首周囲損傷の予防
  7. 相手プレーヤーへの損傷予防

マウスガード

カスタムメイドタイプマウスガードは、適合性、かみ合わせの安定性に当然のことながら大きな差異があり、よく選手が訴える不快感、呼吸、発音障害などの軽減にも優れています。

マウスガードとしては、かみ合わせの問題も含め様々な利点を有し、歯科医師の管理下に製作されるカスタムメイドタイプが用いられるべきでしょう。使用後は水洗し、汚れがひどい時は、軟らかい歯ブラシを用いて汚れを落とします。熱湯による消毒は、マウスガードの表面を軟化し変形の原因となるため避けてください。洗浄後のマウスガードはプラスチック容器に入れて保管してください。夏の暑い時期、車内に放置すると変形してしまうので注意してください。

マウスガード

歯ぎしり治療

歯ぎしりにより肩こりや片頭痛、あごの疲れ、口の中では歯が擦り減ったり、被せ物が取れたり、割れたり知覚過敏も起こる場合があります。また、顎関節症や、歯周病の悪化や睡眠時無呼吸症候群の関連も指摘されています。 マウスピースを用いて様々なトラブルを予防、軽減させます。

審美歯科

審美歯科治療の目的は「歯の機能回復」と「審美治療による自信の回復です。人前で歯のコンプレックスから自然に笑うことができず悩んでいる方は是非ご相談ください。審美歯科には修復治療、セラミック治療、矯正治療があります。機能的に問題がない場合は、より歯を美しく見せるためにホワイトニングやクリーニングをお勧めいたします。

セラミック治療には、詰め物(セラミックインレー)や被せ物(セラミッククラウン)、歯の表面を薄く削り、セラミックの薄片接着する(ラミネートベニヤ)治療法があります。

また、金属アレルギーは、口腔内の金属が溶け出して、体のたんぱく質と結合し過剰反応をおこすために起こるといわれています。歯科用金属が原因で湿疹・かぶれ等皮膚疾患でお悩みの方は、非金属のセラミックによる修復はおすすめです。

審美歯科の治療は保険対象外となります。不明な点がございましたら、お気軽にスタッフにご相談下さい。

審美歯科

保険外義歯

写真のようにバネが見えて見た目が気になる方はご相談ください。

従来の入れ歯

バネを使わない入れ歯

バネを使わない入れ歯 バネを使わない入れ歯

但し、歯周病がひどい歯には使えません。

顎の骨の吸収が著しい方や、全身疾患などの理由でインプラント治療が受けれない方は一度ご相談ください。

PAGETOP